ステレオ工房ポニーの独り言

昨年末に、工房が手狭になり、部屋数の多い一般借家を借りて、工房を移設した。

この借家にした大きな理由は、庭池があった事である。

庭池170912

以前から、らんちゅうを池で飼ってみたいと思っていたので、昨年末にらんちゅうと金魚を数匹づつ投入した。今年の冬は大雪で、池にも薄い氷が張ったが、らんちゅうと金魚のそれぞれ2匹づつが期待に応えて越冬した。

温かくなった春には、メダカとミナミヌマエビを数10匹づつ投入。加えて、できるだけ多くの種類の水草類も入れた。金魚とらんちゅうも数匹づつ加えた。現在は、大小取り交ぜて12匹が元気に泳いでいる。なんと!写真の右手に移っているのは「佐渡産コシヒカリ」である。流石に日照時間が1時間位なので、たわわに実るとはいかないが、それでもがんばって稲穂を突き出している。上部から水中に垂れ下がっているのはポトス。左下に見えるは、ただの雑草だが、水中に根を張って、水草の様にして育っている。1か月ほど前には、大型のアオムシが登場し、ほとんどの葉を食べつくしてどこかにいってしまったが、現在は、写真のように復活している。

この様な状態で数カ月が経過したところ、なんと!メダカとミナミヌマエビが爆繁したのだ。それぞれ、数百匹はいるだろう。メダカの稚魚を見ていると、「ん?」(お前はメリッサか!)しっぽが三角に分かれている稚魚を発見。よくよく見ると、金魚の稚魚ではないか。現在までのところ、2匹が順調に成長し、2センチ位にまで成長した。来年はさらに期待できそうだ。

このままではなんともならないので、友人等におすそ分けしているのだが、・・・・どのようにして?

それは次回!!!
(すぐにも、引き続いてアップ予定)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する